スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年以上書いてなかった。 

Twitterが気楽すぎてそっちにばっかりになってたのですけど、書きたい事がある時はブログの方が便利だなーとじりじり思う事が増えてきたので、ちょいちょい復活させようかなと。
スポンサーサイト

「ベジャール・そしてバレエはつづく」@渋谷文化村ル・シネマ[20091228] 

11月位にこの映画の上映を知って、公開したら行かなきゃーと思ってたのだけど。
確か1月位だったな~とか思ってたら、12月16日から既に公開が始まっていた!!
やだ、これ年明けに回すと行けなくなる可能性大じゃん!
危ない危ない、と思って慌てて見に行ったわけです。


文化村の地下にあるナディッフで、前に買おうと思って買えなかったBlack Light Orchestraの音源を購入し、慌てて6階のル・シネマへ。
開演ギリギリにホールへ滑り込み、真ん中で鑑賞してみた。


予告編の時点で気になる映画が…!どうしてくれる!


で、肝心の本編。
ベジャールの名前を冠したバレエ団にスポットを当てた作品。
因みにモーリス・ベジャールは、20世紀を代表する振付家です。


バレエ、結構好きなんです。踊れないけど。
多分中学生位の時に、テレビで「愛と哀しみのボレロ」という映画が放送された事があったのですけど。
それが多分、私が初めて見たベジャール振付のバレエ。
ジョルジュ・ドンが踊っていた『ボレロ』は本当に衝撃だった。
最初何だあの動きは!?何て見ていたのだけど、最終的に釘付けになってしまった。
エネルギーが溢れているというか、躍動してるというか、人間の芯の部分が震えるような感じ。
ずっと忘れられなくて、今でも大好きな映画です。
どうやら4時間位の完全版というのがあるらしいのだけど、DVDになってないらしい。
1時間ちょいの通常版は出ていたが廃盤っぽいし。
出せよ!出してくれよ!買うから!まじで!


ベジャールのバレエは、所謂白鳥の湖みたいなキラキラゴージャスな衣装着てやるものとはちょっと違う感じ。
何て言ったらいいのかなぁ、コンテンポラリーダンス、で良いのかなぁ?


今回の映画は、冒頭はモーリス・ベジャール・バレエ団の芸術監督に就任したジル・ロマンの『アダージェット』からスタート。
鍛え抜かれた体と、物凄い緊迫感。
ちょっと年取ってるかな?とは思ったのだけど、50歳には見えないよ…。


話の流れは、公式サイトにもあるあらすじの通り。
ベジャールが亡くなって、これからバレエ団をどうしてゆけばいいのかという葛藤や重圧が描かれてます。


練習シーンの他に、過去の公演の映像なんかも沢山出てきた!
思うに、ベジャールがやってきた事って凄く革新的な事ばっかりで、その新しい物を世に送り出した時の熱気みたいなのが、古いフィルムから伝わってくる様な感じ、が、した。
リアルタイムだったらどんなに凄かったんだろう。。
現在のバレエ団のメンバーの公演映像も流れたんだけど、日本人がメンバーに居たので驚いた。
手足が…長い…。
気になって彼のブログを見てみたら、オペラ座の写真とかがいっぱいあって素敵だった!


後、やっぱりジョルジュ・ドンは綺麗だった。過剰な位華やか。
他のカンパニーの面々も凄く綺麗だった。
で、色んな映像を細切れの様に沢山目にして思ったのだけど、ベジャールの振り付け、凄い!
人間の根っ子の衝動の様なモノが、ほとばしってるように見えるのです。
演目によっては、物凄くエロいのもあったし。
何だろ、肉体的な愛情って感じ。エロいんだけど、綺麗。でも嘘っぽくなくて生々しい。


そういう事をやってきた人が居なくなった後にカンパニーを背負う重圧って、当然凄まじいよなと。
ベジャールの言葉の数々は物凄く力強かった。
それに応えて前に進む人たちの姿は美しかった。


鳩尾にグッとたまる、いい映画でした。

2010 

はい。あけましておめでとうございます。

本年もグダグダやってきます。
どうぞよろしく。
鶴亀水仙松2010..
鶴亀2010


年賀メールをまだ全然だしてないので、これから「え、今更?」みたいな感じで出す…予定。えへ。
新年早々腐っております。

年賀状下さった方、ありがとうございます。
返信頑張って書…きたいな…あはは…。

年末で一番面白かったのは30日のウェンディーズの件ですね。
Twitter凄いと思った。
とりあえずみんな女装したら良いと思う。

後はアレかな、26日にKOBUDOのコンサートに行って来て、道山さん・妹尾さん・古川さんと握手!
上妻さんの生演奏を初めて聴いて感動。これは別途感想を書きたい。かけるかなぁ…。

元旦はとりあえず、いつも通り家族でおせちを食べてうだうだ。
思い立ってもっちゃんと買い物に繰り出したり、黒くてフリル満載の状態のるびたんが現れたり。
もっちゃんはるびたんをRPGの人と認識した模様。

翌二日は着物着て根津神社⇒谷中で墓参り⇒新宿で買い物って感じでした。
*こんな着物着た。
*参拝した根津神社。
本当はエクサントリークの福袋が欲しかったのですが、家族行事を優先すると買えなくてですね…。
でも代わりにライチの福袋が割と良かったので、結果オーライな感じ。
燕尾っぽいコートとかも年末に買っちゃったし、この年齢になって再びファッションが迷走しつつありますよ。危険!w


こんな感じでまぁ、うだうだやっております。
今年も宜しくです。

【乙桜学園祭2=天体観測=@渋谷ユーロスペース(20091009)】 

うん、忘れた頃にうp。約2ヶ月経過。
いや本当はもう何本か書いてから一気に…と思ったんだけど、そうすると年が明けそうで…。



【乙桜学園祭2=天体観測=@渋谷ユーロスペース(20091009)】
ついったで兎丸先生がトークゲストに来ると知り、急遽行ってみる事に。
どんだけ兎丸先生好きなんだ私www


この日の勤務地が川越だったので、渋谷に戻るだけならそう時間は掛からない筈だったんですが。
お話し可・写真可のゆるめな雰囲気ですよーとの事だったのに、肝心のデジカメを持っておらず…。
折角なら写真撮りたい!と思い地元まで戻って、妹を駅に呼びつけてデジカメを持って来て貰い(代わりにPCを預けw)、渋谷へUターン。
時間的には超ギリギリで、何とか3分位前にユーロスペースへ到着。

そもそも乙桜学園祭って何なのよって話なのですが、小説家の乙一センセイと桜井亜美センセイが監督をした映画作品を上映する催し、という事らしい。
今回はその2回目という事で、2週間の上映期間中毎日トークイベントをやっていたんだとか。
で、その最終日だった訳です。

で。映画。
一本目が「一周忌物語」で、乙一センセイの監督作品。
冒頭の線路の画と「銀河鉄道の夜」の一節で始まって、何だかそれだけで遠くにスーーーッと吸い込まれてしまって、気持ちが良くなってしまった。
あの遠さが良い。
ほの暗い感じが懐かしくて、湿度が日本人だなぁて感じ。
あ、これ好みだ。うん。
…なんて思いながら見ていて、ラストで泣きそうになってしまった。
後味の具合まで好みだなぁ。
しかもさぁ、音楽が良いのよ!
スタッフロール超見ちゃたもんね。音楽気になって。
何か、見ながら自分の中の好きなものと次々にリンクしていく感覚があったので、それ含めて心地良かったなぁ。


二本目が「プラネタリウム」で、桜井亜美センセイの監督作品。
役者の子が若かったので、初々しいというか多少ぎこちないというか。
途中のセリフで主人公カップルが中学生設定って分かって、"な、なんだってー!"ってなったんだけど(だって見た目大人びてたんだもの)、そうやって見るとぎこちなさが逆に生々しく見えてきたり。
ラブシーンが妙にエロかった。ひんぬーに黒ブラってだいぶクるなぁ。
ラストは…完全にカップルを応援しきれないというか、"ちょっとアンタ達大丈夫なの!?"系世話焼きババアみたいな気分になってしまった。
ただ、切ない雰囲気とかが凄く絶妙で、完全に否定的になれなくて、やられた!って感じでした。


上映が終わった後はトークショー。
園子音監督と古屋兎丸先生がゲスト。
なんかもうぶっちゃけトーク過ぎてずっとニヤニヤしていた。
印象に残った話題は
・「別に…」の某女優
・盗撮
・役者な古屋兎丸先生(宗教家っぽい怪しい感じ)
・吉高由里子
それと勿論、各作品の制作裏話的なお話とかね。
びっくりしたのが、プラネタリウムの主役の女の子が素人の子だったって話。
美人発掘するの上手過ぎやしないか、桜井先生。

主に桜井先生と園監督と兎丸先生が話をしていて、乙一先生が外野で話を聞いてるっていう感じだったんだけど、まー話が終わらない終わらない。
でも楽しかった。
乙一先生はあんま会話に参加してなかったけど、じぃ…っと静かに3人が会話してる様子を見てる姿が印象的だった。


トークショー終了後、パンフを買ってサインして貰いました。
兎丸先生の所に行って、先日のピカソサイン会の話をしたら
「こないだはピカソ君描いたんだっけ。じゃあ何か描いてほしいものある?」
え!?そんなリクエストしていいものなの!?何も考えてなかった!
「じゃあ千晶ちゃんにしよっか~」
さらさらと千晶ちゃんを描いてくれました。かわいいよ千晶ちゃん。
その後うろうろしてる時に、首をバキバキならしてたら話しかけて頂けまして。
「…すっごい音したねー」
相当驚いたのでしょう…。で、世間話しました。照れるわ。

桜井先生の所にも行ってサイン頂きました。
なんていうか、アレです。セレブって感じのビジュアルでした。
髪の毛盛り盛りで、カラコンとかしてて、濃いオレンジというか赤?のノースリーブワンピに生足ミュールっていう。
勿論それが着れてしまうほっそーい体型なのですけど。
おおぅ、私には出来ない格好だわ…。

で、最後に乙一先生からもサイン頂きました。
「あ、僕なんていつもホントぼけぼけで…。。」
みたいな事をおっしゃってて、話してみると少しぽやんとした感じが面白い人だなと。
トークショーの、『観察する人目線』だった時は、独特の眼光の鋭さがあった気がしたんだが。
不思議な人だ…。

この時に、みんなで写真撮って貰えないでしょうか…と頼んだら快くOKして頂けまして。
兎丸先生と2ショットと、全員でのショットを撮って頂きました。
他にも残ってた方が撮りたいとの事だったので、みんなでカメラやら携帯を渡しあって撮影タイム。
その後残ってた客みんなでエレベーターに乗って帰ったのですけど、エレベーター乗り込んで振り返ると、兎丸先生と乙一先生と桜井先生と、ユーロスペースのスタッフさんがお見送りの状態。
豪華すぎる…!

外に出てから、他のお客さんと「キャーッ、凄い豪華でしたねっ」「先生優しかったー!」とか言いながら別れて帰宅したのでした。
いやはやお疲れ様でした。

漢方薬使えなくなるかもってマジか。 

夜中にTwitter見てたら、こんな記事が紹介されてました。
↓↓↓
http://lolocaloharmatan.seesaa.net/article/133805128.html

近頃話題の「事業仕分け」で、事もあろうに『漢方薬を保険適用外とする方向性で結論が下された』らしい。
マジかよ、と思って各種サイトを見たら、本当だった…ありえん…。
http://www.tsumura.co.jp/news/091118_a01.htm(ツムラのサイトより)
え、これって「薬局でも売ってるから自分で買うだろうし、保険適用外でいんじゃね?」って事?
ちなみにうがい薬、湿布薬も同列で適用外になるかもしれんらしいが、これだって困る人は困るし、使い方を誤ったら悪化するケースもあるから医者の処方で…っていう選択肢は当然あって然るべきじゃないの?

社団法人日本東洋医学会で署名を集めているとの事だったので、さっき署名してきた。
怖すぎるわ。

こないだのスパコンの件といい、何なんだよ事業仕分けって…。
他にもこういう例があるのかも、と思うと空恐ろしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。