スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のイベントあれこれ 

色々あったのに全然書けてなかった。
とりあえず書けた分だけうp。

相変わらず長文。
*********

【EVA破⇒高木正勝⇒涼宮燐の生誕(20090704)】
この日は本当にバッタバタだったんですよ。

前日夜にd-goroさん&くまちゃんのお宅へお邪魔して、DOPOP Vol.9のセトリを考えつつご飯を食べたりレコードかけたりしてたんです。
で、8割方決まった辺りで力尽き。
(あ、そういえば傘置き忘れたままだ!!!)

その足で渋谷に朝イチで向かい、高木正勝のドキュメンタリー映画「或る音楽」の公開記念トークショーの整理券を貰いに行ったんです。
朝10時から配布だとサイトにあったのに一向に開く様子が無いので、並んでいる人同士で
「どうしたんでしょうね」
とヒソヒソしていたら、後から並びにやってきたお姉さんが
「電話で問い合わせた時に、10時45分からって言われたんですけど…」
と。
45分も更に待てというのか!
ここからは並んでいる人同士で協力プレイ。
電話を掛けて、中に人が居るか確認し(一人スタッフが中に入ったのは目撃されていたのだけど、受付時間外なのでなかなか出なかった)、
出てきたスタッフに理由を伝え、
サイト側に連絡を取って貰い。
結局、サイトの情報が間違いだったのが判明したのだけど、忙しい時間を縫ってきた人も居たりする訳で。
ここはみんなで「困りますよ」と交渉。
結局10時半から配布開始となりました。
とりあえず貰えて良かった。
朝から疲れるぜ…外階段は当然冷房も何もないから暑かったし。


で、私はというとそのまま近くの映画館でEVA破の前売りを買い、家に戻って風呂入って洗濯してご飯の準備して、再び渋谷へ向かい。
時間ギリギリの到着でEVA破を鑑賞。
待ち合わせしてたお兄ちゃんに怒られた。すんません。
感想はネタバレするとアレですので…。もやっと。
とりあえずカヲル君がカッコ良すぎる。
加持さんやっぱり素敵。
マリは個人的に嫌いじゃないです。
ちょ、アスカ…!
え、どーしたレイ?可愛いけど。
ミサトさん好き好きー!
でもお兄ちゃんはやっぱりリツコさん派らしい。わからんでもないけど。
何というか、今のご時世に求められてる仕様のEVAってこういう感じかぁーなるほどーと。思いました。
すっごく面白かった!地味に2回位泣いた。良かったー。


そのままお兄ちゃん家に行ってうだうだしてたら寝てしまって、起きたら高木正勝のトークショー開演時間のちょっと前位で。
半ばキレつつ猛ダッシュでタクシー探して渋谷へ向かい、まぁ何とか間に合ったんですけど。
一緒に見に行ったしゅん君振り回しちゃってホントごめん。
で、肝心のトークショー。無事見れました。
高木正勝氏は…凄く身体の線も声も細い感じの人でした。
かなり若い!びっくり。
やってる事が凄いから、もっと年いってるかと思ってた。
しかもイイ男だー。ちょっと可愛い感じ。
あと凄くお洒落だったー。
しゅん君と「あの青のスエードの靴イイよね!」ってので盛り上がったり。
監督さんも若い人だったです。
高木さんに対して、やっぱり監督さんは監督さんらしい佇まいというか。
表に出てどうこう、っていう雰囲気ではないのだけど、こういう風にしようっていう、信念とか強い意志がありそうなのはにじみ出ていたなぁ…と。
トークですが、超まったりゆるゆる~でした。
元々映画にしようとして撮り始めたわけじゃなかったとか、音の編集時にCDと違うテイクばっかり採用されて大変だったとか、このシーン使われるだろ~ってトコに限って使われないとか、カッコ良く登場するのかと思ったら全然そうじゃなかったとか。
他にも色々。


高木さんは、凄く感覚的なんだけど「あるある!」、ってトコを突いてくる話をしてくれる人だなぁと。
何だっけなぁ、
映画を見ているとストーリーに無関係なシーンが何の脈絡もなく入ってる事があるけど、そこに監督の「らしさ」を感じる事が多い。
その「監督タイム」がある事で映画っぽさを自分は感じるのだけど、今回の映画にもそういう所が何箇所かあったので探してみて下さい。
…みたいな話とかね。確か。
してました。


今回の映画、3本立てでして。
前半に高木さんの短編映像作品を2本上映して、その後「或る音楽」の上映だったんです。

高木さんの映像作品ってのがまた。凄いんだ。

ホミチェヴァロが1本目。
白い服の女性が白い馬に乗ってる訳です。
何か妙な妖しさがあるんですよね。
エロスって奴かしら。ねちっこい訳じゃないんだけど。
青・緑と白のコントラストが綺麗だった。
ほぼずっと無音の映像だったので、咳をこらえるのが大変でしたが…。
馬娘婚姻譚をモチーフにしてる(…みたいな内容が英語で書いてあった)、ってのを最後のスタッフロールで見て、なるほど!と。
妖しさの原因は馬娘婚姻譚という事か。
遠野物語思い出すなぁ。
オシラサマ。ちょっと怖い神様だけども。
http://homepage.mac.com/utono/homicevalo/index.html



二本目のニヒチは、楽しく子供達が海遊びをしている映像なのだけど。
加工の具合の所為で、冒頭すっごい怖かった。
音もゴボゴボした水音が襲ってきたのでビックリしちゃって。
だんだん「あ、これ水遊びの映像か…」と分かる辺りになって、ようやっと安心して見れるようになったのだけど。
海が赤いだけで違うものに見えてくるものなのね…。
http://homepage.mac.com/utono/nihiti/eng/index.html



両作品共凄く綺麗な映像なのだけど、どこをどう撮影編集加工したらああなるのか全く分からない…どうやって作ってるんだ。


さて。肝心の本編。
凄く良かった…。
気付いたら途中で泣いていた。曲も演奏も素晴らしいよ。
生で演奏見てたらもっと大変な事になってたかも。
演奏会行きたかったなぁ…。

演奏会を追ったフィルムなので、練習?してる所も沢山映ってて。
一緒に演奏してる人も凄いなぁ…と。
色んな楽器複数担当してたりして。
勿論上手だし。
Saxってやっぱり色気のある楽器だなって再認識した。

勿論、ドキュメンタリーフィルムなのでインタビューなんかも入ってるのだけど。
みんなが知ってる、けど言葉にして話題にしたりはしないようなラインの、そういう本当にフッとしたささやかな感覚を形にしようとしてたり。
色んな事話してた。
しかも本人の性分なのかもだけど、断定的な物言いしないんですよね。
それがまたこう、ね。
なんて言ったら良いんだろうなぁ…。うー。

でもあの映画見てたら、こういう人がああいう音楽を作るんだなぁ…と。
こういう人がやったらこうなるよね、と。思った。
この映画DVDならんかな…すげー欲しいわー。

上映終了後、どうやら高木さんのサイン入りビジュアルブックが限定15冊用意されているとのアナウンスがあったので物販へ。
持ってなかったCDと共にビジュアルブックも購入。
ビジュアルブックは元々買うつもりだったので、サインが無くてもまぁいっかーと思ってたんですが、開けてみたら…サイン入り!やった!
あー、超満足ー。
http://www.takagimasakatsu.com/
http://www.epiphanyworks.net/trtr/








それにしても、一日に二本も映画見るもんじゃないなぁ…両方とも良かったから、余韻に浸りきれない。







…のに、その後lynnちゃんの誕生日会に行ったっていうねw
余韻ぶち壊しwww
でも楽しいから良いのですけど!
みんなでケーキとか用意してあったけど、lynnちゃん自ら2つも用意していたので計4つのケーキがw
フルーツ盛りもあったし、完全に乙女なケーキ会状態。
lynnちゃんも女装しちゃってるし…。
頼んでないのにカメラ向けるだけでブリっ子ポーズしてくれるんだよ!もう駄目だこの子www

そんな涼宮燐の生誕ですが、好きな洋楽を垂れ流してきた!

01:Everywhere you look / Jesse Frederick:Jeff Franklin:Bennett Salvay
02:Goody Goody / Chicago
03:Jackie Wilson Said / Van Morrison
04:White Room / Cream
05:Scuttle Buttin' / Stevie Ray Vaughan
06:Ghosts Of 42nd Street / The Hellecasters
07:Karma Chameleon / Culture Club
08:Against The Grain / Acoustic Alchemy
09:Beat It / MichaelJackson
10:Manuela Run / TOTO
11:Friend / Led Zeppelin
12:Fields of Gold / Sting
13:Conte de Fees / Rene et Gaston
14:I just Called to say i love you / Stevie Wonder

アニソンB2B:聖ジュエルをさがせ! / ワッPズ
洋楽B2B:Hocus Pocusの何か(曲忘れた)

すんません、全然まとまらなかった…超反省。
みんなが知らなさ過ぎてもなぁ、っていうのと自分が好きな曲流したい気持ちがぐちゃぐちゃしてしまった。
Scuttle Buttin'とかFriendとかもう完全に自分だけが楽しかった。
意味無いよこれじゃさー。
もっと傾向絞らないとだめだなぁって思いました。
でも絞っちゃうと自分の知識の無さが露呈してしまうので、何かしらテコ入れしなきゃなのよね。
むー、洋楽再チャレンジしたいのぅ。


それにしても彼は30才迄に女装を辞めることが出来るんだろうか…?
無理だろうな、くまちょにプレゼントされた赤レースのTバック履いてたもんなwww
youkissお父さんの変態仮面も降臨したし、何かもう色々酷いw
とんだ変態の巣窟でした。


*********

【DOPOP Vol.9(20090711)】
これはこないだ書いたから割愛ー。

*********

【九段下バニー後の靖国神社みたま祭(20090716)】
みんなが九段下のバニーガールが居るビアホールでしこたま飲んでた時に、私は会社の新PJキックオフ飲みが突如開催されてしまっていたので、新越谷で飲んでた訳です。
まぁそれはそれで面白いから良かったんですけども。
10時過ぎに終わったので、オルガ姉様にメールして「みんなまだ居ますか?」と聞いたところ、靖国神社にいるとの事だったので行ってみることに。
到着したのが11時。

うわー、みんなできあがってるーー。

祭会場の脇にある駐車場の所で、みんな酒盛りしてました。
何この青春っぽいの。うける。
とりとめのない話をしたり、髪を切ったゆいきゅんの撮影会が勃発したり、だらだら楽しかったw

ろっくんは盗撮しすぎです。
とりあえずまいちゃんは酔っ払ってぐでんぐでんでも可愛いのがズルイ。
オルガ姉様と唯くん達は、その後高田馬場でオトナな飲み会をしてきたらしい。元気だなぁー。


*********

とりあえずここまで書いた。
あとは曼荼羅とかゴスバーヘヴンとかサロスとかイケメンナイトとかかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://adanami.blog2.fc2.com/tb.php/610-e13e4bf0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。