スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッチ@目黒鹿鳴館【2/15】 

エリアライブの様子が良かったのと、バイトが朝+日勤に変更になったのでライブに間に合いそうだったので急遽行く事に。
鹿鳴のサイトで確認したら、この日出演バンドは2バンドのみの様子だったので若干不安がよぎったり。
例の如くチャリンコかっ飛ばして目黒まで。
チャリで行く時にいつも気になるお店ってのが幾つかあるんだけど、今回はその一つ、おばあちゃんがやってる鯛焼き屋さんに寄ってみた。
自分の中で鯛焼きは○つみやが最強なんだけど、やっぱ甘い物の誘惑には勝てない訳で。笑
ちなみに今川焼きだったら、今の所○しわやが私的ナンバーワン←聞いてない
鯛焼き以外に団子も売ってたので、クルミだれの団子も買った。ご満悦。

鹿鳴に着いたはいいんだけど、やっぱりこの日は2バンドしか出ないらしく、開場・開演時間共に変更されて遅くなってた。
時間丁度いい位に着いたつもりだったのに…。どうやって時間潰せば良いんだ。
で、まめ子に電話。
2バンドしか出ないのにチケ代2000円とかありえねぇ、とぼやいたり、まぁ色々ね。笑

そんな感じでダラダラと時間を潰し、やっと開場。
チョンボが予約者特典のDVDを配りに来たので、チケ引き換えてからしばらく喋ってた。
何か姪(3歳?)と甥(赤子)の話をしてくれたよ。
いつものオネエな常連の子以外のハッチのお客さんとも、その場の勢いで話してたんだけど。
うっかりハッチのスタッフと思われてた模様。危ない危ない。

階段下りると、吟ちゃんとピンキーもいた。あと例の常連の子ね。
色々話してたけど、やはり地元ネタは分からない。苦笑

で、ライブなんですが。
最初は良く知らないコテ系バンド。 Rinneとか言うらしい。
この日は2バンドだけだったので人が少なくてね。
お陰で空調が効き過ぎて寒かったので、鹿鳴お馴染の映画館チックなイスに座ってゴロゴロしてたら…。
寝ちゃった。ぁ
寝るようなライブする方がいけないんだ、って事にしておく。
何か最前に二人くらいお姉さんがいてヘドバン凄かったなぁ、みたいな。

トリっていうか二番手はハッチ。
2バンドだけだったので持ち時間が必然的に増え、お陰で演奏曲は多め。7曲だっけか。
男と女と蜘蛛と蝶、おもちゃ、恋泥棒、「アリガトウゴザイませんでした。」、泥の舟、拝啓。あと一曲何だっけなぁ、バカタレだったかな?
久々に『男と女と蜘蛛と蝶』聴いたよー!!!
いつ以来だろ?前にルートで聴いた以来かなぁ。だとしたら半年以上経ってる…?
そんだけ時間が経てばそりゃあもう。上手くなってる訳ですよ。ひゃっほう。
おもちゃは宇都宮で初めて見た時のイメージが強いな。懐かしい。
でも何かこの日は演奏あんま良くなかった。所々ズレたりしてて。
リズムMCとか新曲の恋泥棒、好きなんだけど演奏がこの日はこう、グチャっと。
曲数増やすの急だったのかもしれないし、鹿鳴館音良くないからってのもあるかもしれんが…。
加えて、音悪いの分かってて私も前行って聴いてたし。
でもなぁ…。
過ぎた事だから仕方ないけどね。
あ、泥の舟と拝啓の演奏は別モノでした。さすが音源化した曲だけあって、「かなり練習したんだなぁ」ってのが分かる出来でした。グゥ。
それにしても、客少なくてやりにくかったろうに。お疲れ様です。
あ、そういえばきんちゃんのピックを拾いました。のでお財布の中に保管。
…某氏のピックと一緒に(まめ子ならきっとつっこんでくれるはず/笑)

終わってからアンケート書いて、メンバーとちょろちょろ話して、友人らに報告する為に写メ撮って。
きんちゃんに千葉県民だと思われてて軽くショックです。笑
まぁルートでやってた頃の方が頻繁にライブ行ってたからね。無理もないか。
でもあんまり時間経ってないのに、掃除で鹿鳴スタさんに外に出されてしまった。
寒い外で待つほど根性ないので、この日はさっさと帰りました。

これで2000円か…。
行かなくても良かったかもなぁ、ってのが正直な感想。
メンバーとのトークや配布物に金払ってる訳じゃないしね。当たり前だけど。
次見る時は良いライブが見れますようにっと。
二日後のラヴィアン主催イベントでは上手い事やってたみたいだから良かったけどね。
今度のツアー日程がなかなか大変そうな感じなんだけど、どの会場でも良いライブが出来ると良いなぁと思ったり。
そんな感じでした。ハイ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://adanami.blog2.fc2.com/tb.php/74-f7570fb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。