スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュゥ? 

…っていうか只の感想なんだけど。笑
最近勢いで音源を色々と購入しましてね。
 
goatbedのLive DVD『オムニトラストロニコモン』
結局時間が無くて見れてなくて、先日やっとモリヤと一緒に鑑賞したのですが。
地方のライブは人の入りもノリもあまり良くなかったと噂で聞いてたのですが、その所為なのか客席が殆ど映ってませんでした。苦笑
打ち込み多用してるからか、演奏はCDとあまり変わらない印象。
まぁアレですよね、ムジカマキーナと同じ現象が起こってしまっているという。
冒頭には、ライブ時にモニターで流れた映像が収録されてました。
『イヤンまこっちゃん萌えるー☆』とか思ってワクワクしながら見てたんだけど、いざ始まったらライブ映像の画質がイマイチな気が。
見た瞬間に『安そう…』って思ってしまった。汗
ライブ映像以外に、VJさんがモニターに流してた映像とか、加工されたライブ映像が織り交ぜられて収録されてました。そっちの映像は好きなんだけどね。
まぁなんだ、凄く悪いとは言わないけど(ファンだし/笑)、あの値段に見合ってるかというと若干疑問が。ブックレットも何もないし。
ライブDVDじゃなくて、PV集とかだったら良かったのかなぁ?
とりあえず、4月にでるマキシの『モニカ』は買うけどね。吉川晃司かぁ…。

伍々慧の初ミニアルバム『melody』
発売日(2/16)に間に合うように予約&振込みしておいたので、ちゃんと発売日に家に届きました。ホクホク。
店頭販売がされないので、欲しい人は通販か、HMV・タワレコで取り寄せて購入のどっちかになるみたい。
で、曲なのですが。
いやぁ…ホント良い曲作るね、彼。
16歳でこれだけ演奏できて、これだけ良い曲作れるって凄い。
ライブで見て気に入ってた「One more summer」「Daimajin」が収録されてたのが嬉しい限り。メロ重視の作風が良いね。
私、メロ重視の人好きなんですよ。確実に親父の影響だろうけど。
レーベルのサイト内紹介ページに書いてあったコメントにも、“叩きの流行った時代がそろそろ終わるのでしょうか。”って書いてあったけど…なるほどねぇ。
去年のフィンガーピッキングコンテスト、かなり多く出場者が叩きの奏法をやってて。正式に何て奏法なのかは知らないけど。
“俺ってこんなのが弾けるんだぜ”的な、若干自己陶酔っぽい雰囲気も多少あったのと、加えてメロディーがきちんとある曲を弾いてる人が少なかったので、それもあって伍々くんの演奏が際立って聞こえたってのがあって。
やっぱ聴き易い曲を作るってのは大事なんだね。
CDの音源は、前にサイトにアップしてた音源と音のいじり方が違う感じ。やはりお師匠さんがプロデュースしたからかしら。
「お月さま」は最初に作った曲だけあって、アルバムの中の曲では一番完成度が高いと思う。
あと「泣きむし」と「またあした」には相当励まされた。笑
素直に、どの曲もいい曲だと思う。
でも、何つーか“やっぱまだ若いなぁ”って感じも受けた。
聞きながら力が入っちゃうんですよ。楽に聞けないって事は、まだ未熟な所があるって事なんだろうなと。
ライブの方がノリが良かったってのもあるけどね。音源の方がちょっと演奏が硬め。
何ていうか“成長を見守る楽しみ”があるアーティストだ、っていう認識で聴くと丁度良いと思う。
先日学校を自主退学してしまった伍々くんですが、それだけ腹くくってるって事なんでしょう。色々あったみたいだし。
頑張れ少年。

御影のミニアルバム『凶イ者』・マキシシングル『だぜ』
2/16の216CHICK主催の日に2枚まとめて購入。
『凶イ者』は、前に見に行った時(去年の6/7)の次のライブで発売されたものなので、結構前の音源なんだけど。
8曲の内の3曲は、2003/6/7に私が初めて見た時に貰った音源がそのまま収録されてた。
流石に一年以上前の音源だから録り直したりしてるのかと思ったのに、ちょっとガックリ。
でもまぁ、収録されてる曲はミカゲっぽく面白い曲がいっぱい入ってて面白かったです。
刃さんの美声が堪能できていい感じ。
時々声が微妙に上がりきらない時があるから少し気になるけど…。
で、最近出たマキシの『だぜ』は『凶イ者』よりも音が良くなってた。
一年半前にライブで聴いてから忘れられなかった、「セ・ボン」が収録されてて嬉しかった。笑
今年は真面目に活動するって言ってたので、少し期待。
あ、最近サイトにやっとプロフィールがアップされました。笑
やっぱイケメンだわ…。ぇ

216CHICKのアルバム『Bullets』・最後の無料配布音源『The Final Revolution on 16th February』
2/16の216CHICK解散ライブ時に購入。
この日の勢いを逃すと買う機会が無いんじゃないかと思って、勢いで。
物販のメガネのお兄さん可愛かったし(関係ない)
いやぁ、買って良かった!すっごいカッコイイ。
声は凄く特徴的だけど、曲自体は結構聴き易い気がする。メロディー追いやすいし。
まぁ、激しいか激しくないかって言ったら激しいけど。笑
ライブの時に、ミカゲがやたら“デストロイ!!!”って言ってたんだけど、収録曲の「LaLaLa Destroy」をやってたのね…。
ミカゲがやってた“セブンティーン♪”のハモりも、「Seventeen」をカバーしてたからだし。
ライブ後に時間差で面白さがこみ上げてくるあたりが何とも。笑
アルバム収録曲では「PROGRAM」、無料配布音源では「hedonism」が好きです。どっちも一曲目。
耳に飛び込んできた時のインパクトが良いなぁって。
無料配布音源の方はやっぱり音質がアルバムには劣るんだけど、それでもやっぱりカッコイイ。
ハゲベースが所々私のツボで、もうホント素敵。
もう二度とライブ見れないのか…。

VIVEの1stアルバム『It Went Too Much And Become Human』
VIVEのライブ見に行った時に購入。
買おうとしてたら稲さんに「え!?持ってなかったの!?」
相当驚かれた。
で、「いや、だって見るの今日初めてだし」って言ったら「初めて!?」って更に驚かれた。
きっと彼の中で、見た事あるだろうというイメージがあったのね。
で、CDなんですが。
一曲目聴いた瞬間にデッキの前で一人固まってしまった。
無茶苦茶上手いわぁ…。汗
ライブ見た時も、上手くてビックリしてドキドキだったんだけどね。
すっごい安心して聴けます。上手いから。
それにライブもそうだったんだけど、統一感があるというか雰囲気にまとまりがある感じ。
ここも、私の好きな“演奏が始まると空気の色が変わる”タイプのバンドだと思います。うん。
「Awake」の変わった拍の刻みが好き。あと「福音-Fukuin-」「Can you allow me」が聴きやすくて好きな感じ。
洋楽好きな人でも聴けそうな気がするなぁ。声と歌い方が気に入れば。
最近一日一回は聴いてる気がするよ、このアルバム。笑

上妻宏光のアルバム『永遠の詩』
はい、遂に買ってしまいました。津軽三味線。
これ買う時悩んだんですよ。
まず店頭で試聴したクラムボンのアルバムと、ワールドミュージックコーナーで試聴したこのアルバムと、吉田兄弟の『RISING』と、あんみ通と、藤原道山で。
ちなみに一ノ瀬響があったらそれを買おうかと思ってたんだけど、広い店内で見つけられずこの日は断念(アホ)
音鬼のアルバムも見つけたから手に取ったんだけど、この日の気分じゃなかったので購入を先延ばしにして、かねてから欲しいと思っていた上妻さんの音源を購入するに至った、と。
だってソーラン節だよ!?素敵じゃないか!!!
で、中身なんですが。
古典の楽曲からイメージを膨らませて作った、という曲が主に収録されてまして。
何かね、スッキリしてて上品な感じ。そもそも上妻さんの演奏がそんな感じなんだけど。
古典の楽曲の入門編として聴けそうなアルバムかも。
単純に“普通ならギターを使う所を三味線で弾いた”って感じの曲もあるけど、それはそれで面白いと思うし。
「祭り囃子」とか「刹那」みたいな、和風でノリのイイ曲はやっぱり凄く好き。
しっとり系の曲も良いけど、津軽三味線の速弾きはワクワクするからイイ。
「ソーラン節」は、和太鼓との掛け合いが良かった。やっぱ打楽器っていいなぁ。
段々テンポアップしていく所も好きだし、やっぱり“如何にも三味線!”っていうフレーズは聴いててドキドキする。
ちなみにこのアルバムで一番のヒットはラストの「田原坂」。
オケとの共演と、三味線と唄の雰囲気が最高。
上妻さんが唄ってるの初めて聴いたけど…すっごい上手いんですけど!!!
あんまり上手いもんだから、家族で大騒ぎしてしまった。笑
お陰で六三四の音源も欲しくなっちゃうし、古典の曲も気になってくるわで大変。
CCCDじゃなければ迷わず『AGATSUMAⅢ』買うのにな…。涙

世田谷ボーイズのベストアルバム『風は世田谷』・ライブアルバム『世田谷ツアー~あったかいから外にいる~』・シングル『タイム・マシーン c/w何でも入るクーラーボックスⅡ、とっぽい男のブルース、andカラオケ』
ベストとライブアルバムはモリヤに貸してもらいました。
で、シングルの『タイムマシーン~』はサイトで無料配送のを申し込んで送ってもらったんだけど。
あんまり音質良い音源ではないけど、結構楽しめます。一番新しい音源の『タイムマシーン~』がこの三つの中では一番音がキレイかも。
つーか「タイムマシーン」って9秒なんだけど、そっちがA面ってどうなの?笑
何だかんだで、世田ボーはいつも気になる存在です。
「オリロー」の歌詞が、この会社の避難器具の使用説明をまんま英訳したモノだったり。すげーセンスだ。笑
ビートルズ、サザンオールスターズ、ユニコーンとか好きそうな人達だと思う。つーか元メンバーの同級生がそうだったから、多分他のメンバーもそんな気がする。昔サザンのコピーもやってたし。
じっくり音源聴いてみたら、何かギター上手いかも…。ソロとかえらく好みだ。
相変わらず脱力感あふれる中野くんの声が素敵。…ちょっと石井に通じるものがある。かも。
若干ピッチ低めなんだけどね。でもああいう声好きだわ。
…4月の下北ライブ乗り込んでみるかぁ。


くそぅ、これ書くのに何日かかってるんだよ私は…!涙
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://adanami.blog2.fc2.com/tb.php/82-209aae6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。